WPプラグイン『Head Cleaner』の使い方と設定方法

サイト表示速度を改善するためには、画像の圧縮やキャッシュの導入も重要ですが、特に初心者のうちで敷居が高いと思われがちなのが、JavaScriptとCSSの最適化です。

 

特にJavaScriptの最適化は、Java言語を知っておかないといけないとか、サイトを構成するコードを完璧に読めないといけないとか、結構高度な技術が必要なイメージがありますが、全く難しくありません。

 

SIRIUSなどの独自のツールでサイトを作成している場合は、多少知識が必要になってきますが、WPで作成している場合は、あるプラグインで簡単に最適化を行い、サイト表示速度を上げることができます。

 

そのプラグインの名は、『Head Cleaner』です。

 

Head Cleanerを使うことで、JavaScriptやCSSなどの読み込みと表示に時間がかかるようなコードを、効率のいい表記に自動で書き換えて、タイムラグのない効率的な表示を可能にします。

 

それではHead Cleanerの設定方法について解説しましょう。

 

使い方ですが、基本的に設定を完了するだけでいいのでそれ以降の操作はあまり必要ありません。

 

Head Cleanerの設定方法

 

まず、WP管理画面のメニューより、「プラグイン」からHead Cleanerを検索して、インストールを行いましょう。

 

head cleaner1

 

次にHead Cleanerを有効化します。

 

head cleaner2

 

有効化し終えたら、WPメニューの「設定」にある「Head Cleaner」をクリックしてください。

 

head cleaner3

 

これがHead Cleanerのメイン画面です。

 

head cleaner4

 

次に、そのまま以下の項目にチェックを入れてください。

 

  1. CSSとJavaScriptを、サーバ上にキャッシュする。
  2. 複数のCSSを結合する。
  3. CSSを最適化する。
  4. 複数のJavaScriptを結合する。
  5. JavaScriptを小さくする。
  6. フッタ領域のJavaScriptも対象にする。
  7. <head>内のJavaScriptを、フッタ領域に移動。
  8. Google Ajax Librariesを利用する。

 

6番目にある「<head>内のJavaScriptを、フッタ領域に移動。」はソースの読み込み順序を最適化する働きがあります。

 

最後の「Google Ajax Librariesを利用する。」にチェックを入れた場合、WPやJavaScriptの表示をスムーズにすることができます。

 

head cleaner5

 

次に、デフォルト設定でチェックが入っている「メタタグ”canonical”を追加」の項目ですが、チェックを外しておきましょう。

 

head cleaner6

 

次に、下へスクロールして以下の項目にチェックを入れます。

 

  • メタタグ”generator”を削除。
  • リンクタグ”RSD”を削除。
  • リンクタグ”wlwmanifest”を削除。

 

これはWPのセキュリティ上の都合でチェックを入れます。ここにチェックを入れないと、第三者でもサイトの重要な情報を盗めてしまうおそれがあります。

 

head cleaner7

 

最後に下の方へ行って、他は特にいじらなくて大丈夫なので、そのまま「更新」をクリックしてください。

 

head cleaner8

 

これでHead Cleanerの設定は完了です。

 

head cleaner9

 

とまあこんな感じで、ものの5分もあれば簡単に設定できてしまうため、やっておかない手はありません。

 

これでユーザビリティ的にもSEO的にも優位に働くのであれば、絶対にやっておくべきでしょう。

 

 

コメントを残す