WPプラグイン導入で「fatal error call to undefined function」が出た時の解決方法

 

ある時、WPのプラグインをインストールして有効化した結果、当サイトにて「fatal error call to undefined function」という表示が出て、閲覧することができなくなってしまいました。

 

WP fatalエラー1

 

ちなみに今回原因となったプラグインは以下になります。

 

WP fatalエラー0

 

プラグインの名前は「rich-text-editor-field-for-contact-form-7」です。

 

メールフォームを作成する目的でインストールしたはずがこの有様です。(–;)

 

WPの管理画面にログインしようとしても「fatal error call to undefined function」という同じ表示になるので、困ったものです。内心かなり焦っていました(笑)

 

画像内の表記を文章に起こすと以下のような表記になります。

 

「Fatal error: Call to undefined function wpcf7_add_shortcode() in /home/kogorou777/kogorou777.xsrv.jp/public_html/wp-content/plugins/rich-text-editor-field-for-contact-form-7/classes/class-cf7rt-rich-text-editor.php on line 28」

 

こうして見るとアフィリエイト初心者の方から見ればわけがわからないと思いますが、簡単に言ってしまえば、以下のような内容になります。

 

「FTPにある「kogorou777.xsrv.jp」フォルダの下層にある「public_html」フォルダの中の「wp-content」フォルダの「plugins」フォルダにある「rich-text-editor-field-for-contact-form-7」のさらに下層の「classes」フォルダの中にある「class-cf7rt-rich-text-editor.php」の28行目のプログラムが呼び出され、致命的なエラーが発生しています!」

 

とまあこんな感じの意味のエラーになります。

 

「/」(スラッシュ)で区切られていて、それが右へどんどん続いていくと、より下層の方へ向かい、それをたどっていくと最終的な原因となるプログラムが呼び出されている部分を指すところに行き着くよう案内されるようになっています。

 

それでは、具体的にどうやって解決することができたのかをお伝えしたいと思います。

 

「Fatal error: Call to undefined function」を解決した方法

 

まず、FTPソフトを起動します。

 

ftp

 

次に、Fatal errorエラーが発生しているサイトのデータが入っているホストをクリックします。

 

WP fatalエラー2

 

今回は「kogorou777.xsrv.jp」というように、当サイトがエラー対象ですのでそのフォルダをクリック。

 

WP fatalエラー3

 

次に「public_html」フォルダを開いてください。

 

WP fatalエラー4

 

次に「wp-content」フォルダを開きます。

 

WP fatalエラー5

 

中にある「plugins」フォルダをクリック。

 

WP fatalエラー6

 

すると今回原因となった「rich-text-editor-field-for-contact-form-7」フォルダがありますので、このフォルダ名を変更してください。

 

WP fatalエラー7

 

今回は「contact-form-7」に変更しました。

 

WP fatalエラー8

 

これで、エラー原因となっている「rich-text-editor-field-for-contact-form-7」が呼び出されることはなくなるので、無事サイトが表示できるようになったというわけです。

 

また、別に名前変更しなくても、いらなかったらFTPからエラーの原因となるプラグインのフォルダを削除しても構いません。

 

今回であれば、「rich-text-editor-field-for-contact-form-7」のフォルダを削除してもいいということです。

 

削除すれば、削除したあとのデータがそのまま転送され、ウェブに反映されるようになります。

 

プラグイン導入で「Fatal error」が発生した原因。

 

結局、なんで今回に限ってこうしたエラーが起こったのかという疑問が残るわけですが、その原因がわかりました!

 

WP fatalエラー11

 

現在僕が使用しているWPのバージョンに、この「rich-text-editor-field-for-contact-form-7」というプラグインが対応していなかったためですね。

 

しっかりと表記されていたにもかかわらず、それを見落としていたために発生したエラーでした。完全に僕の凡ミスです。( ;゜Д゜)

 

同じ状況で困っているという方は、ぜひ参考にして頂ければなと思います。

 

ちなみに、今回僕が解決することができたのは、実は僕だけの力ではなく、エックスサーバーというレンタルサーバー会社のサポートセンターの力を借りることで解決することができました。

 

やはりサイトを運営するなら安定のエックスサーバーですね。

 

アフターフォローも完璧で、電話サポートもついていて、サポート対象外ギリギリまで丁寧にサポートしてくれて本当に助かりました!

 

レンタルサーバーを借りるなら、どうせならこうやって丁寧なサポートが受けられるところにしたいですね。

 

もしサーバーを契約するならエックスサーバーで決まりです!(^^)v

 

http://www.xserver.ne.jp/

 

関連記事

 

アダルトOKなレンタルサーバー比較レビュー!

 

レンタルサーバーって何?

 

サーバー選びで重要な5つのポイントとは?

 

レンタルサーバーでのWPの自動インストール方法

 

WP Touch導入はスマホ対応における応急処置に過ぎない。

コメントを残す