WP Touch導入はスマホ対応における応急処置に過ぎない。

どうも!コゴローです!

 

アフィリエイト初心者のみなさんは、もうすでにウェブサイトのスマホ対応は完了していますでしょうか?

 

今年の4月21日からGoogleがスマホ対応に関するアルゴリズムを導入すると言っていますので、少なからず検索結果に影響するものと思われます。もちろんこれはその時になってみないとわかりませんが。

 

yjgfjbyfg

 

さて、そうやってスマホ対応をしようかというふうになっている時に、すでにレスポンシブデザインへの切り替えが装備されているテンプレートを使っていて、簡単にスマホ対応が出来ているアフィリエイト初心者や、

 

少し前のテンプレートを使っていて、今現時点でスマホ対応が難しいというアフィリエイト初心者もおられるかと思います。

 

そういう方は、中でもWP TouchというWPのプラグインを使って、簡単にスマホ対応をしようと考えている場合もあるかと思います。

 

WP Touchとは、簡単に言えば、WPから無料でインストールできるプラグイン、ツールのことで、これを導入して有効化することで、今使っているスマホ対応できないテンプレートでも、簡単にスマホ対応をすることができます。

 

rtyudfgh

 

しかし、やるのが簡単であるがゆえに、そこから得られるメリットというものは、正直スマホ対応ができたという表面上のことだけで、肝心のユーザー目線から見たコンテンツの側面で見ていくと、決していいものではありません。

 

本当に応急処置的な対策になります。

 

まず、このWP Touchを使うと、使う前のテンプレートのサイドバーにあったパーツがなくなり、使用することができなくなってしまいます。

 

サイドバーにあったコンテンツはユーザーから見て使えなくなり、メニューから選べるのは、グローバルナビゲーションにあったものとは別で、WP管理画面にて、固定ページとして作成された記事へのリンクのみになります。あとは、新着順で表示される自分が書いた記事がズラリと並んでいるだけです。

 

例えばWP Touchを導入すると、以下のように変わります。

 

tyuijbgmn

 

確かに、固定ページを追加しまくって、PCバージョンでサイドバーにあったパーツを、全て記事にして固定ページとして登録し、WP Touch導入後のサイトのメニューからリンクして選べるようにするという方法もありますが、

 

正直面倒くさいというのもありますし、WP Touchを使ったスマホ対応のサイトは、スマホだとかなり簡略化されたショボいデザインですので、見に来たお客さんがサイトに来て、時間を割いて記事を読んでくれる気になるのかと言われると、かなり疑問です。

 

サイトのデザインがいいからといって、爆発的に売り上げに貢献するかと言われるとそうではありませんが、デザインのしょぼいサイトと少しでもデザインに凝ったサイトを比べたら、後者のほうが訪問頻度が上がって、何度も見に来てくれる可能性が高くなると思いませんか?

 

デザインを変えたおかげで、サイトに居座る時間が長くなり、ついでに商品レビューページを見てくれて少しでも興味を持ってもらえたら、次の報酬へつながるのではないでしょうか。

 

サイトの記事のコンテンツに力を入れてもらうのは結構なことですが、サイトのデザインがガサツだったり、しょぼかったりすると、肝心の記事を読んでもらえるかすらわかりません。

 

ですから、まずはお客さんに検索結果とかからきた瞬間に、少しでも印象に残るようなデザインに仕上げておく必要があります。

 

これを改善すれば、だいぶサイトにいてくれる時間が伸びて、訪問頻度も上がりますよ。

 

gfcfdtrjhg

 

なので、WP Touchを使うのは構いませんが、アフィリエイト初心者に理解しておいて欲しいのは、それはあくまでスマホ対応が今現時点でできない状態にあった時の応急処置に過ぎないということです。

 

きちんと次に出せるお金が準備できたら、スマホ対応が可能で、綺麗なサイトデザインをもつテンプレートや、ツールを購入してそっちに移行していくべきです。

 

アフィリエイト初心者の方は、ここに書かれていることを理解された上でWP Touchの利用を行うようにしてください。

 

ではでは!

 

関連記事

 

サイトテンプレートとは?

 

モバイルユーザビリティの問題が4月21日以降順位に影響する!

 

Googleからモバイルユーザビリティに関する注意を受けた話

コメントを残す